Aqours 2nd LoveLive! HAPPY PARTY TRAIN TOUR IN SAITAMA 1日目 - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

Aqours 2nd LoveLive! HAPPY PARTY TRAIN TOUR IN SAITAMA 1日目

   

ブルーレイの先行もHP先行も一般も全公演応募しているのに全滅しまっくてセカンドツアーも
参加できないじゃないかと心が折れかけた時まさかの奇跡で機材解放席が当選する。
機材解放席だけに全体の演出が見えづらいのが難点だけど座席もスカスカしているのですごく快適だった。
生でAqoursのメンバーを聞くのは2回目。
まず、ツアーのテーマにもなっているTrainに乗るOPムービーとSLが登場で表題曲から始まる。
やっぱりこの曲好きだわ。
衣装も完成度が高い。
恒例の自己紹介はやっぱり盛り上がるな。
ここで初お披露目の夏をテーマにしたディオコレクション曲が披露される。
そして、ここで気づいてしまったのだが2人ずつともなると歌唱力がちょっとアレな人が際立ってしまうと言う。
地元愛満タン☆サマーライフの地元愛コールが楽しい。
ここに来て乗り物のお陰であいきゃんがめちゃくちゃ近くまでやってくると言う素晴らしさ。
ファーストでは参加できなかったので涙を飲んだの1回も生で聞けていなかった「未熟DREAMER」を披露。
素晴らしいけど恋アクの衣装で歌われると違和感を感じる。
「Daydream Warrior」見て思ったけどダンスの難易度が格段に上がっているし
うまくなっている。
特に、間奏のダンスのキレはちょっとびっくりした。
ユニットタイムにここへ来て突入したけど特典CDだったので聞いたことがないのがちょっと残念だ。
みんなユニットの衣装がすごく可愛い。
練習風景が流れてるけどきっとBlu-rayの特典になるんだろうな。
「青空Jumping Heart」はやっぱり高まるしこれからも何回でも聞きいたい。
「MIRAI TICKET」は私の周りはそうでもなかったんだけどどうやらネット界隈を見るとコールがうるさかったらしい。
沼津マスコットキャラと法被と太鼓が登場して「サンシャインぴっかぴか音頭」。
今回は太鼓をあんちゃんが叩いていたけど1公演に1回は楽器を演奏しなければならないらしい。
最初聞いた時は微妙だと思っていた温度も会場で聞くと普通に楽しいな。
ここに来てμ'sとAqoursのコラボムービーが流れたけどやっぱりμ'sに対する反応はすごい。
歓声がうるさすぎて聞こえないぐらいだった。
2期の最新PVとコラボムービが流れて本当のラスト・ソングは「ユメ語るよりユメ歌おう」。
やっぱり、最後はこれじゃないと終われない。
約3時間半以上に及ぶ公演だったけどやっぱりラブライブは楽しいと言うことを再確認した。
次はファンミーティングだけどちゃんと真正面から見たい。

セットリスト

1.HAPPY PARTY TRAIN
2.届かない星だとしても
3.少女以上の恋がしたい
4.夏への扉 Never end ver.
5.真夏は誰のモノ?
6.地元愛満タン☆サマーライフ
7.夏の終わりの雨音が
8.未熟DREAMER
9.恋になりたいAQUARIUM
10.Daydream Warrior
11.スリリング・ワンウェイ
12.P.Sの向こう側
13.LONELY TUNING
14.Guilty eyes fever
15.青空Jumping Heart
16.SKY JOURNEY
17.MIRAI TICKET
18.君のこころは輝いてるかい?
19.サンシャインぴっかぴか音頭
20.太陽を追いかけろ!
21.ユメ語るよりユメ歌おう

 - 音楽