鼻から胃カメラ受けて来たけど楽さは鼻の形状のよる - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

鼻から胃カメラ受けて来たけど楽さは鼻の形状のよる

   

昔から実は胃の調子が良くなくってついに胃カメラを受けてきた。
鼻からと口から選択できるわけだけどネットで調べると口からだと結構きついので
鼻から入れてもらった。
まず、胃を綺麗にする飲み物を飲む。
割りと飲みやすかった。
鼻の麻酔を鼻の穴の中にずぶずぶ入れて痺れさせる。
その後、鼻が通るかどうか柔らかいシリコン素材を突っ込む。
ここで鼻がスムーズに入らない問題があったら口からに切り替わる。
基本チキン野郎なので口からの場合は静脈麻酔を希望の旨を告げておく。
まあ、その場合は3000円かかるらしいけど。
思っている以上にスムーズに入るので鼻から挿入が始まる。
痛みとかは一切なくスルスルと入っていく。
つばを飲むと辛いらしいので気にせずよだれ全開でだしておく。
もっとも、オエーとなったのはお腹の中に空気を入れて膨らませるところがきつかった。
それ以外は結構楽だった。
ただ、鼻の通りがあんまりよくない人は辛くなる可能性が高くなる。
そう言う人は思いっきって口からにして静脈麻酔をオプションで追加しておくのが1番良いかな。
因みに、検索の結果胃は綺麗だったが食道が荒れていたらしい。
まあ、それもそこまでたいしたことはないらしいが。
とりあえず、一安心した。

 - 雑記