【感想】ファイナルファンタジー XV

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

ファイナルファンタジー XV

   

約55時間でクリア。
クエストとかこまめにやったので結構時間がかかった。

システム

ゲームは基本的にメインクエストとサブクエストがある。
サブクエストはお使い要素が満点だがまあ一切やらなくてもゲーム本編はクリアできる。
と言うのもメインシナリオをクリアするだけでガンガンレベルが上がるからだ。
ただ、レガリア(車)のカスタマイズやらをやろうと思うとお金が不足するので
サブクエストをクリアしていく必要がある。
戦闘が完全リアルタイムになってRPGと言うよりアクションRPGになった。
微妙に覚えないといけない操作が結構あって純粋にRPGが好きな人は結構きつい。
同じアクションRPGっぽい戦闘システムでもテイルズシリーズみたいにシンプルにして欲しかった。
車をカスタマイズして、ステッカー貼ったりカーステレオで歴代のFFシリーズの音楽が聴けるのは素晴らしい。
ただ、この車の移動がめちゃくちゃ長くって一応1度行ったことがある街だとファストトラベルで10G支払ったら
一瞬で飛べるのだがいかんせんロード時間がものすごく長い。
オープンワールド方式になったせいなのだろうか?

CG

FF14の時もすごかったけど最高峰のグラフィックかも知れない。
特に、ブリザドを使用したとき敵が凍りつくしファイヤーを草原で使えば辺りの草木が燃える。
FFの世界は天気の概念があるので雨が降ったり曇ったり晴れたりする。
雨が降るとキャラクターの服が濡れるし、レガリア(車)が泥で汚れる。
PS4でプレイしてきた中でもっともCGがすごいと感心した。

音楽・声優

声優陣はかなり豪華で有名どころをそろえている。
個人的には映画版との変更点としてルナフレーナーの声が本職の声優に変更になったのは嬉しい。
音楽は正直、一番インパクトがあったのは1番最初にレガリアを押すシーンでスタンドバイミーがかかったとき
ものすごく野郎4人の気楽な旅が感がでて印象的だった。

シナリオ

個人的にはFF13よりはずいぶんとましになった気がする。
少なくとも意味不明な専門用語で圧倒されることも街が1つしかないとかもない。
ちゃんと途中までは旅をしている感がすごくあった。
ただ、主人公って王族のわりにはみんな異様に気安いのはなんなのだろう?
現実のたとえばエリザベス女王と国民だったあそこまでカジュアルじゃないのに。
「やあ、王様元気?」みたいなノリで街の人と会話しているのが萎える。
キャプチャー13から急展開過ぎてついていけなかった。
今までRPGしていたはずなのに13からいきなりバイオハザードになって意味不明だ。
そこからは怒涛の展開で???と言う感じで進んでいく。
FFはやっぱり10がピークだったか。

感想

FFはハードが変わるたびにグラフィックの向上には本当に驚かされる。
今回は本当にグラフィックの質感がすごかった。
こんなに凄いのだから衣装の数はもう少し増やして欲しかった。
とりあえず、キャプチャー13までは旅をしている感あってそれなりに面白かった。
ただここ最近のFFはシナリオが心から面白いものってもしかしてもう作れないのではないか?
と言う気がしてきた。
映画を見てもところどころストーリーがよく分からなかった。
ただ、最後のスタンド・バイ・ミーが流れたおかげで救いがあったように感じた。

 - ゲーム