2017年4月開始アニメ感想その1 - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

2017年4月開始アニメ感想その1

   

2017年4月開始

アリスと蔵六

原作は未読。
初回は1時間放映だった。
アリスと呼ばれる女の子が超能力研究所から嫌になり逃げ出した途中に蔵六と言う曲がったことが大嫌いな
老人と出会って匿ってあげる話らしい。
幼女と老人と言う組み合わせにハートフルさを感じる。
老人役の大塚明夫がいい味をだしている。
第1話からこの先追手からどう向き合うのか?とかアリス達の能力はとはなんなのか?
とか先が気になる出来。
これは継続して見ていこう。

New笑うセールスマン

1989年頃に一世を風靡した笑うセールスマンが帰ってきた。
当時、放映が夜遅くだったので親に隠れてこっそりと見ていた記憶がある。
残念ながら当時喪黒福造役だった方は亡くなってしまったので代わりに
玄田哲章が喪黒福造役をつとめているわけだがすごく似せていて
個人的にはまったく違和感がない。
第1話を見るかぎりスマホが登場したりしていい現代的になっているわりには
雰囲気も損なわれてなくて今後が楽しみ。

つぐもも

90年台を彷彿させるノリ。
正直とりあえず、お色気だしておけばいいだろ?的なノリの番組を
見続けるのは厳しいと感じる今日この頃。
多分、次回は見ない。

 - アニメ感想