2017年1月アニメ感想その2 - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

2017年1月アニメ感想その2

   

政宗くんのリベンジ

原作は小説版とコミックを4巻ぐらいまで既読済み。
主人公がイケメンと言う設定はかなり珍しい。
イケメン設定でありつつも嫌味にならずにテンポよく進んでいくので
かなり面白くあっと言う間に進んでいく。

鬼平犯科帳

時代劇の鬼平犯科帳をテレビアニメにすると言うことでどうなるのかと
見てみると、これは失敗してるパターンかなと言う気がする。
まず、第1話にしてはすごく地味でわざわざアニメ化した意味をあんまり感じられなかった。
殺陣はスリッシュで頑張っているのは感じるけど時代劇を普段みない人なんかを考えると
とにかく地味でアニメ化ならではと言うのを感じられなかった。

弱虫ペダル

インタハイが終了して3年生が引退するところからスタート。
実は前作はあまりのもインタハイのレースが助長すぎて最終話の3話
手前ぐらいでダレてきて見なくなってしまった。
第1期のときのようにダレずにサクサクとテンポよく放送してもらいたいところ

青の退魔師

原作は最新刊までは読んでいたはず。
劇場版がオリジナルでものすごく映像がハイクオリティだったのが記憶に新しい。
今回は原作の京都編をアニメ化するらしい。
記憶では京都編って完結してなかったような気がするのだけど最終回あたりは
オリジナルで行くのか?

 - アニメ感想