【感想】やがて恋するヴィヴィ・レイン (6)

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

やがて恋するヴィヴィ・レイン (6)

   

あらすじ

人間が住んでいないと言われているジュデッカに落ちてしまった話

感想

ヴィヴィの正体とかいろいろと発覚した。
ヴィヴィは=アステルとわかってアステルの感情とか湧き上がったり相変わらずおもしろい。
次で最終回と言うことでだらだらと引き伸ばすことを思えば清々しい。
この巻ではようやく再会した王女とルカは最後の最後でたもとを分かつ決断をするあたりが素晴らしい。
この決断が次回にどうつながるのか今から楽しみ

 - 本感想