【感想】やがて君になる3

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

やがて君になる(3)

   

あらすじ

七海燈子と小糸侑の距離が近づく一方で佐伯沙弥香はモヤモヤしている心情が
綴られてる話

感想

今までとは違って今回は七海燈子に密かに片思いしている佐伯沙弥香の心情が全面に
語られている今巻。
とは言え、佐伯沙弥香は絶対に自分のことを好きになったりしないことに気づいてるし
ここから三角関係が勃発するとかまったくそんなこともなくあくまで中心は七海燈子と小糸侑。
小糸侑好きになって欲しいと想いながらも自分のことを絶対に好きにならないと確信しているからこそ惹かれてしまう七海燈子。
本当はとっくに七海燈子が好きなってしまっている小糸侑。
と矛盾した感情ゆえに惹かれていることに気づいてる小糸侑は絶対に好きになったりしないと決意する。
話としては何かものすごく進んでいるわけではないが相変わらず2人の心情が丁寧に描写されていて安心する。
どこまでこの矛盾だらけの関係のままでいられるのか今後も楽しみ。

 - 本感想