イスカリオテ - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

一人暮らしによる一人暮らしのためのブログ

イスカリオテ

   

あらすじ

1年間だけ死んだ英雄のために偽者を演じる話

感想

かなり面白かった。

たしかに、いろいろと設定話が展開されてるが

なんかもう、登場人物がかなりツボだった。

とりあえず、中盤あたりになったら偽者のフリをしてる

イザヤがばれたりすんだろうなと思うとニヤニヤする。

評価

★★★★/5

イスカリオテ (電撃文庫)

イスカリオテ (電撃文庫)

 - 本感想