【感想】墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便

   

あらすじ

日本航空123便墜落事故墜落し死亡者520人を出してしまったこの事故の犠牲者を
いかにして遺族の元に返したのか警察官が描くノンフィクション

感想

事故の内容やどのようにして墜落したのかの懸賞はテレビ番組でも多数
紹介されているけど黒焦げになった死体をいかにして家族の元に返したのかと言う奮闘を
現場の警察官がかなり詳しく書かれている。
この本を読むと予想どうり腐敗や黒焦げで遺族の元に返すのはかなり困難を極めたようだ。
その中でもやはり歯の治療を駆使して返したようだ。
全日空の職員が罵られたり蛆虫が湧いたりとにかく現場は阿鼻叫喚。
そう言う意味でもこの本は貴重だ
評価
☆☆☆/5

 - 本感想