劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女ついで特典小説「IF」の感想 - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女ついで特典小説「IF」の感想

   

劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女
劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女が入場特典で描き下ろし小説がゲットできると言うので朝イチで見てきた。

映画の感想

アニメ版しか見ていない人だとスターズのアンジェリーナがさっぱり分からないし唐突感が半端ない気がする。
時間軸的にも十文字も卒業してるし。
ただ、原作をばっちり読んでる人だと原作者が脚本書いてるだけに設定とかしっくりくる。
特に最新刊だと達也は基本的に深雪が絡まないと動かにと宣言してるからわざわざ調整体を助けるだけの理由がないと違和感を感じる。
そこを過去の出来事結びつけることによって動く理由ができて納得。
温泉、水着とばっちりと視聴者サービスがあるあたりがやっぱりお祭り感もある。
お兄様はついに宇宙へ飛び立ったあたりとかも笑える。
劇場版としてはかなりまとまっていてアニメ版だけどとちょっと楽しさが半減する可能性があるのでできれば原作も読んでから見て欲しい。

入場特典「IF」の感想

オチもなにもなく達也が妄想すると言う話。
深雪や七草家などみんなアイドル活動して歌ってお踊ると言う話。
なんのひねりもないのでこれは是非とも映像化をして欲しい。

 - アニメ感想