【感想】結論、店舗より宅配クリーニングのほうが安い - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

【感想】結論、店舗より宅配クリーニングのほうが安い

   

これまでリアル宅配を重い思いをして宅配にだしていたが
たまたましみ抜きが必要になってしみ抜きをお願いしたらとても高額になった。
クリーニングって家で洗濯できなかったり家では落ちなかったシミとかを綺麗して
欲しいから出すのだが重いし高いしそう言えばネット宅配の広告見てたら
大抵どこもしみ抜き無料だったなと言うことを思い出してネット宅配にすることした。
とりあえず、いろいろとあるが口コミで割りと好評なリネットに出してみることにした。

ネットクリーニング会社の選定

ネットクリーニングは大きくわけて2つのサービスに別れる。
枚数が最初から設定されていて服の種類に関しては特に指定がなく値段がきまっているもの。
単価の高い服を出すのに便利だ。
1枚、1枚料金が決まっているもの。
所謂、従来の店舗型クリーニングと同じもの。
ざっくり調べてみると下記4社有名なようだ
・リネット
従来型の1点1点で計算する方式でクリーニングされる。
月額300円のプレミアム会員になると送料無料になる。
通常会員だと980円かかる。
・せんたく便
この4社の中では再安値。
だが、肝心の詰める梱包袋が結構小さくて10点と書いてあるがロングコートなんかを
沢山詰めたら10点も入らないことが多いらしいので。
かさばるものが多い人はせんたく便じゃないほうが良いかも
・リネアカル
せんたく便よりは高いがやってもらえることは非常に多い。
ボタンが取れそうになっていればボタン付けをやってもらえたり
ボタンが取れていれば脱いつけてくれたり、毛ばだっていればとってくれたりと
おせっかいとHPでアピールするだけあって無料のオプションが多い。

引取

服を詰めるダンボールがない場合はリネットで頼むとクロネコが持ってきてくれる。
基本的に、引取はクロネコが引き取ってくれる。

感想

最短で2日で受取は指定できて23区内であれば平日の受取を深夜とか選べるので
受取もすごく楽。
ただし、平日の深夜便を選択すると+300円かかる。

値段

リネットは結構な頻度で割引キャンペーンを行っている。
今回初回30%オフキャンペーンを利用した。
セーター2枚
コート2枚
ジャケット2枚
合計6枚を送付した。
プレミアム会員だと送料無料になる。
通常会員だと送料は980円かかる。
プレミアム会員の会費は1ヶ月300円となる。
年間プランだと3400円でかつ400円割引券9回分が貰える。
定期的にクリーングにだす必要がある人はかなりお得だ。
正直1年に1回か2回程度しかクリーニングに出さないので
会費がかかってしまうのは正直悩みどころ。
ただ、1回目利用した後かなりの高頻度でバンバンと割引クーポンが送られてくるので
あんまり利用しない人は1年1回とか2回とか単発でプレミアム会員になったほうが得かも。
送料は1回で980円もかかることだし。

まとめ

ダウンと単価の高い服をクリーニングに出すのであればパック料金が設定されているものを選んだほうがお得だ。
セーターとかカッターとか単価の安いものに関しては1枚づつ計算して貰えるリネットのほうがお得だ。
ただいづれにしても我が家の近所のクリーニング店だとネットクリーニングのほうが安い。

 - 雑記