【感想】本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第二部「神殿の巫女見習いIII」

ルルドルフ春眠日記

一人暮らしによる一人暮らしのためのブログ

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第二部「神殿の巫女見習いIII」

   

あらすじ

ついに、貴族からの魔の手がのびてきた。
巡礼式の中謎の襲撃者に襲われてしまった話

感想

あいかわらず抜群に面白くてグイグイと読ませる力がある。
なんか、神官長がすごくマインに対して気にかけているのがよく分かる巻。
貴族の襲撃がついに始まってしまって一応10歳になったら貴族の養子になると言うことになっているが恐らく
この感じだとそれ以前の段階で養子にだされそうな感じがする。
さて、今巻は新キャラとしてジルヴェスターが登場。
鼻持ちのならない貴族ばかりが登場していたからこそなかなか
良心的なキャラ。
この調子で貴族との戦いの話になって行くんだろうか?
評価
☆☆☆☆☆/5

 - 本感想