俺のフレンチ TOKYO はやっぱりコスパに優れていた - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

俺のフレンチ TOKYO はやっぱりコスパに優れていた

   

厳選和牛!シェフ・ニコラの玉手箱 (ローストビーフ)
巷ではすっかりブームが落ち着いて過疎り気味になっている俺の◯◯シリーズ。
さて、今回も休日のランチ時間に特にお店に予約することなく昼の13時半ぐらいに到着。
流石に休日の昼時だけあってけっこうな行列だった。
それでも最盛期に比べたらぜんぜん並んでないほうだけど。
まったく予約してなくても予約時間の14時回転で問題なく入れた。
定番のなみなみシャンパンを注文。
これは原価だしと書いてるだけあって実際近所のカクヤスでもほぼこの価格と同等で売っているので
かなりお得だ。

なみなみと入れすぎて溢れると言うハプニングもあるが納得の価格。
突き出しはチーズが乗ったものがパイっぽい生地の上にのっている料理名を忘れた。。
これもサクサクしていて美味しい。
限定品と言われている和牛ローストビーフを注文。
メインの料理は提供までに時間がかかるので早々に注文しておいたほうが良い。
注文品した品は以下3点。
シャンパン
突き出し
白レバーとフォアグラの滑らかなムース ポートワインソース
フォアグラとリンゴのソテー 塩バターキャラメルのソース

・米沢牛のローストビーフ薫製
・りんごとフォアグラの塩キャラメルソース
・レバーとフォアグラのムース

正直、和牛のローストビーフが思っている以上に量が多くて料理は2品で良かったな。
レバーとフォアグラのムースは木苺のソースとのマッチしてるおかげで臭味もなく滑らかで美味しい。
・米沢牛のローストビーフ薫製
A5ランクのローストビールをサクラチップで薫製にしたもの。
5種類のソースで食べる。
付け合せにポテトが置かれている。
このポテトが結構お腹にたまる。
匂いを閉じ込めるために蓋をしてあって客席であけるのでサクラチップのスモークが広がる。
これは是非とも自宅でも試してみたい一品。
カナッペ形式で食べるわけだけどムースの量に対してパンの数が少なすぎるのでたっぷり付けて食べた。
りんごとフォアグラの塩キャラメルソース
これはすでに結構お腹いっぱい過ぎて失敗した感が強い。
味は普通にフォアグラとりんごのコンポートっぽいものと一緒に食べる感じ。
フォアグラも食べれてある意味看板メニューロッシーニより安いしこっちのほうがいいかも。

総評

方針を全席着席になったのでなんだかんだで気軽に行けるようになったし
昔と違って大行列に並ばなくてもいいし使い勝手がよくなった。
いろいろと言われてるけど価格と味のクオリティのバランスは間違いなく良い。
もちろんお金を出せばこれ以上のお店はいっぱいあるしこの価格帯だったら
普通に居酒屋いっても取られるしと感じが得ると俺のシリーズは結構好きだな。
今のところ、「俺のイタリアン」、「俺の揚子江」、「俺のそば」、「俺の割烹」、「俺のフレンチ」
と行ってみたけど「俺のそば」以外は結構おすすめできる。

 - 雑記