【感想】徳井青空ファンブック そらまるのひきだし

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

徳井青空ファンブック そらまるのひきだし

   

声優個人名義の書籍は水樹奈々自伝小説「深愛」、高垣彩陽ファンブック「あやひごろ」以来の
3冊目となる。
自伝小説はまあ小説って名義ついてるから形態としては「あやひごろ」と近い感じかな。
所謂、写真集オンリーだと結構面白味にかけるからどうなんだろうと言う感じ。
内容としては大きく分けて以下だ

・千葉県房総半島の見どころ紹介
・インタビュー記事
・様々なコスプレ写真集

房総半島の見どころ紹介

これはもうちょっとディープな飲食店とかスポットとかを紹介するほうが良かったかな。
そらまるファンブックだからそらまるの写真が紙面を大きく占めるのは当然だとしても
いまいち、情報量が少なすぎて房総半島の魅力がまったく伝わってこなかった。

インタビュー記事

これまでの声優になろうと決意してからデビューまでの半生を振り返るインタビュー記事が載っている。
これはかなり興味深く読み応え抜群だった。

そらまるが美大出身なのは知らなかったしミルキィホームズの武道館ライブが決まる直前まで
大学生とバイトとミルキィホームズの三足のわらじをはいていたとか相当忙しかった気がする。
まあ、今も就寝時間が2時~4時の間とか回答してるところを見ると多忙なのは変わらずと言う感じなんだろうけど。
卒業制作が映像ってところを読むと普通の油絵的なものじゃなくて映像系っぽい感じ。
わっしーとの対談もなかなか面白かった。

デビューしたての頃から現在までを第3者視点で話されているのは貴重だ。
個人的にはみころんはオーディションで選べれたとしてそらまるがミルキィホームズのメンバーに抜擢された
経緯ってなんだっただろう?
多分、今のブレイクってミルキィホームズが始まりだと思うし。

コスプレ写真集

テニスとか男装とかセーラー服とかいろいろとバリエーション多くて楽しめる。
中でも、一人壁ドンはアイディが面白い。
男装した自分とセーラー服の自分の壁ドンを合成して1枚の写真にしただけど。
ライダースーツは微妙に胸の谷間チラリで今まで可愛い系な衣装とかが多いだけに
こう言うセクシー系は珍しいなと感じた。

まとめ

インタビュー記事といい写真集パートといい普通に可愛い系の衣装着てポーズ取ってるだけで
終わらないところに素晴らしく良い。
やっぱり別に顔が好きだからとかこの手の本を買いましたとかならいいけどそうじゃないから
全体的におもしろ要素がないと。

インタビューでも書いてたけど人を笑わせるのが好きだと言うだけあってそらまるのラジオなんか
聞いていてもトークが面白い。
個人的にはトークを聞いていて面白い声優は浅野真澄、たかは智秋、ぐらいだったけど今となっては
トーク聞いていて面白い人の一人になった。
そらまるが好きなら買って損はない逸品だ。

 - 本感想