【感想】恋と嘘5

ルルドルフ春眠日記

一人暮らしによる一人暮らしのためのブログ

恋と嘘(5)

   

あらすじ

文化祭で上演したロミオとジュリエットも
無事に終わった後の話

感想

第5巻にしてこの政府通知システムの歴史が明らかになったりと
結構話の根管にもかかわりそう。
第1巻から勘違いしていたけどてっきり政府通知システムって強制参加されられていると
思っていたら選ぶ任意参加だった。
ただ、国民のほぼ全員が参加してるようなシステムなので登録しないとほぼ相手を探すのが
困難であると言う前提から参加していたと言う理屈だった。
今巻では仁坂の兄の結婚式で未練たらたらだと言うことが
じっくり描かれた回だった。
そうは言いつつ政府通知の婚約者に対してネジがどんどん
気になっていてまさに三角関係突入しそうな雰囲気。
次巻は莉々奈がクローズアップされる話になりそう。

 - 本感想