銀色の髪のアギト - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

銀色の髪のアギト

   

ずっと前にBS-hiで放映していたものを今頃なんとなく見た。

劇場版らしく、作画のクオリティは圧倒的だと思う。

森と融合した町の描写とか水とか人物のデッサン崩れもまったくなし。

音も5.1chをいかして包み込むような音本当にさすがは劇場版。

けど、シナリオや登場人物がまったく意味不明。

全体的に漂う、劣化版天空の城ラピュタ。

まず、設定からしてよくわからない。森が人を襲うのは

遺伝子操作されたからだとわかったとしても対立してる人々とか

杖を持った人とかなんの説明もなし。

しかも、話の大本であるアギトはなぜヒロインを一生懸命たすけるのか?

二人が仲良くなる過程もまったくなくなぜか命の危険を犯して助ける

アギトとかとにかく意味不明な映画だった。

銀色の髪のアギト [Blu-ray]

銀色の髪のアギト [Blu-ray]

 - アニメ感想