“文学少女”と繋がれた愚者 - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

“文学少女”と繋がれた愚者

   

あらすじ

図書室の本が切り裂かれるい言う事件が発生したため遠子が事件解決に乗り出す傍ら文化祭で劇をやることになってしまう話

感想

この本がなぜシリーズ屈指と言われているのかわかった気がする。

今回は武者小路実篤の「友情」をオマージュされたものなんだけど今まで謎だった心葉の過去がかなり踏み込んだところまで明かされ劇中劇の「友情」と

芥川くんの問題が絡み合ってものすごく切なく描かれていた。

特に、本文中の「もしかしたら、人間は他人を傷つけずに生きてはゆけないのだろうか。そういう愚かな生き物なんだろうか。

と言う文は本当に心に刺さった。最後に重大な事実が明らかになったのでこれから心葉がどう転ぶのか?

実に楽しみだ。

評価★★★★★/5

“文学少女”と繋がれた愚者 (ファミ通文庫)

“文学少女”と繋がれた愚者 (ファミ通文庫)

 - 本感想