甘城ブリリアントパーク6の感想

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

甘城ブリリアントパーク6

      2016/05/01

あらすじ

人の心が読める能力が強くなっていく話

感想

ここ最近ずっと話しが特に進まずこのまま

呪いの話とかも永遠に放置になってしまうのかと思っていたけど

そんなことがなくてほっとした。

1人につき1回しかない能力が何回でも使えるようになるけれど

そんなにうまい話もなく。

そして、なにより今までまあそうだろうなと思っていた

姫様の告白シーンとかなり見せ場が多かった。

でも、あとがきを読むとまた当分話しが進まない祭りが始まりそうで残念

評価

☆☆☆☆/5

甘城ブリリアントパーク (6) (富士見ファンタジア文庫)

甘城ブリリアントパーク (6) (富士見ファンタジア文庫)

 - 本感想