【感想】ハードボイルド・スクールデイズ 織原ミツキと田中マンキー

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

ハードボイルド・スクールデイズ 織原ミツキと田中マンキー

   

あらすじ

幼馴染のミツキは完全なSEX依存症である。
兄も父親ともとにかくsex三昧である。
そんなミツキのことを見守る田中マンキーの話

感想

最初の頃はミツキのファンキーっぷりにすごいなミツキと思いつつ読んでいたら
最後の最後にかなりのどんでん返しが待ち受けていた、
一方で田中マンキーは童貞を強調されているけど最初から最後までミツキを心憎からず思っていたことが伺える。
田中マンキーの純粋な想いもさることながら結末は賛否両論分かれるところだと思うけど
それでも後味は良い。
評価
☆☆☆/5

 - 本感想 ,