【感想】俺もおまえもちょろすぎないか

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

俺もおまえもちょろすぎないか

   

あらすじ

誰にでも告白する主人公はある日妹の同級生に告白をして付き合うことになった話

感想

この作者どこかで聞いたことがあるなと思っていたら「ましろ色シンフォニー」の
シナリオライターの人だった。
全体的にとても読みやすくてサクサク読ませてくれる。
誰にでも惚れっぽくて告白魔と言う主人公設定はなかなか新鮮だった。
始まって速攻で付き合うところからスタートしてヒロインと仲良くなる過程とかも
面白かった。
誰にもでも告白する主人公と言うのはともすればヒロインは誰でも良かったとなってしまうところをうまくこのヒロインじゃないと駄目と言う
話に持っていところがうまい。
あとは、お硬いヒロインがだんだんイチャラブしている過程とかさすがは「ましろ色」のライターだけある。
とにかく安定して読める。
評価
☆☆☆☆/5

 - 本感想