【感想】魔法科高校の劣等生(24) エスケープ編<上>

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

魔法科高校の劣等生(24) エスケープ編<上>

   

あらすじ

トーラスシルバーの正体を世界中にバラされてしまった達也は
テラフォーミング計画に対抗するべく新しいエネルギー開発について記者会見を開く話

感想

今回もドンパチして戦闘が強いと言うだけでなくエネルギー計画をマスコミに向けて発表したりと
戦闘以外のやり取りもなかなか面白かった。
また、ラストの達也暗殺のピンチを水波が救ったりと脇役もなかなか光っている。
達也暗殺に向けていろいろと包囲網が動き出してきたので次回も楽しみ。
評価
☆☆☆☆/5

 - 本感想