【感想】トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2

   

PS NOWでプレイしてみた第2弾。
アーランドシリーズと言うことで第2作目。
とは言え、物語に直接なつながりはないのでここからプレイしても問題なし。
ロロナのアトリエも一応プレイしたことあるけど
流石に9年前なのでほぼ記憶にない。
今なら新ロロナのアトリエが発売されているから絶対こっちのが良い。
システム面に難がありすぎて1週のNormalエンドで挫折したらしい。
本作は、それと比べたらめちゃくちゃ改善されている。
ただ、3Dのグラフィックの造形の甘さが気になる。
なんか、登場人物の首の位置と胴体が不自然と言うか。
相変わらず、岸田メルキャラデザは全員可愛いのが素晴らしい。
本作のメインテーマは失踪した母親を探すこと。
一応、プレイ時間は15時間ぐらいまでプレイしたけど船の材料を集めるところでタイムアウトしてしまった。
マルチエンディングを採用しているので周回プレイを強いられるのだけど第2周目で持ち越せるのが
装備品とお金だと言う鬼畜仕様で第1週目で挫折してしまった。
まあ、アトリエシリーズの世界観はハッピーエンドをモットーとしているので失踪した母親の結末とか大体予想がついてる。
コンテナとかかごが複数選択できるようになったあたりで無印ロロナと比べたらめちゃくちゃ進化した。
あと、予想がつくとは言え失踪した母親を探すと言う大きな目的があるのは良い。
アトリエシリーズはPS4でも新作がでているけどグラフィックの進化はほぼないのでまったく古臭さとかなくてなんだかんだで楽しめた。


 - ゲーム