【感想】やがて君になる(5)

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

やがて君になる(5)

   

あらすじ

亡くなった姉にとらわれている燈子に対して自分は自分であることを自覚してほしいと考える侑は
劇の結末を変えることを提案する話

感想

一応、百合ものと言うジャンルなんだけどそれとは一線を超える出来。
燈子の自分自身がない故にに自分を好きにならない侑を好きだと言う事象と
燈子に惹かれていると言う事実から目をそらして自分を取り戻して欲しい侑。
劇の結末を変えることにより自分は自分にしかなれないと言う事実に気づけるのかとかいろいろと楽しみ。
あとは、今回は水族館でデートすると言うイベントが起こったりと盛りだくさん。
沙弥香が負けてしまった理由の対比も素晴らしい。
次回が楽しみになってきた。

 - 本感想