【感想】デスマーチからはじまる異世界狂想曲 2

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

デスマーチからはじまる異世界狂想曲 2

   

あらすじ

獣人であるポチ、タマ、リザを拾ってさらに奴隷も買い取ることになった
そのうちの一人である少女はどうやら元の世界と関係があると言う話

感想

今巻で一応、旅に出ることになったわけだけど
スキルがガンガン取得できるのでこの先強さのインフレとか起こさないかと思ってしまう。
あと、問答無用で主人公に惚れる展開なのはなろう系でお馴染みなのは分かるけど。
基本的に本書は異世界観光旅行を楽しみ話だと思っているので
観光めぐりもネタが付きるんじゃないかと思えてくる。
一応、魔法の話も解説されているけど魔法を主人公が取得する必要性は感じられない。
異世界観光旅行記と読めば今回もなかなかおもしろい。
評価
☆☆☆/5

 - 本感想