【感想】どうぶつの森 ポケットキャンプ

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

どうぶつの森 ポケットキャンプ

   

連日、ちまちまとプレイしているどうぶつの森。
現在、キャンプレベルが22まで到達している。

システム

基本的に、家具をクラフトしてどうぶつをキャンプに招待して
うろうろしている動物と好感度を上昇させて限定の服とか家具を収集すると言うもの。
まあ、各所で穴が掘れないとか3DS版とかと比べてできないことが多いのでシリーズのファンには物足りない。
個人的にはむしろ以下が気になる。
・キャンプがテーマなのにクラフトした家具にベッドとかあるから雨ざらしの地面の上にベッドとか椅子とか置くと言う違和感。
今のところ、テーマがキャンプであることの理由とか良さは皆無だ。
・動物のアクションが少ない
せっかくあれこれ家具を置いても動物達のリアクションが薄いので家具を置く意欲が削がれる。
今のところ、初期段階なので今後のアップデートに期待してプレイしている。

 - ゲーム