【感想】勇者のセガレ2

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

勇者のセガレ2

   

あらすじ

勇者修行のせいで赤点を3つとって受験生にして大ピンチな中
ハリーヤと言う人物が現れて護衛を勝手でる話

感想

相変わらず、異世界ファンタジーの世界だからと言って適当にご都合主義っぽく描かないところが
この作者の持ち味だと思う。
勇者として中途半端な状態で異世界へ旅立ったとして政略結婚やらなんやらと巻き込まれてしまう
あたりとか面白い。
魔王と言う悪の象徴いたとしても結局まとまることは難しい。
因みに、ラストで翔子がメインヒロインらしくあっさりと告白しているあたりで
次がどうなるのか気になるところ。
魔王さまシリーズみたいにだらだらと続かないでほしいな。
評価
☆☆☆☆/5

 - 本感想