忘れもの防止タグMAMORIOの実力 - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

忘れもの防止タグMAMORIOの実力

   

MAMORIO
世界最軽量の一つであるMAMORIOを購入した。

忘れ物防止タグとは

忘れ物防止タグ自体いろいろな会社から発売しているが実は基本構造は変わらない。
タグ自体にGPSや通信機能があるわけではなくスマホとBluetoothで接続して位地情報を知られるようになっている。
なので、現在のBluetoothのバージョンだとせいぜい30mそこそこしか分からない。
なので、落として紛失した距離が遠いと探すのが絶望的だ。
価格はどれも3000円から4000円程度で落ち着いている。

MAMORIOを選択した理由

・防水機能が備わっている。
生活防水機能があるので雨の日でも安心して使える。
忘れ物防止タグの中には防水機能がないものが結構存在するのでそのへんは気をつけたほうが良い。
MAMORIO
・忘れ物防止タグの中では最軽量
わずか3グラムと言う重さなのでどんなものも邪魔にならない。
・みんなで探す機能が機能しそう
Bluetoothのカバーできる距離が短いのでそれをカバーするためにみんなで探すと言う機能がついている。
アンテナであるMAMORIOアプリが搭載されているスマホを持って他人のMAMORIOタグを探して
位置情報を持ち主に教えてくれる。
この機能自体このMAMORIOがどのくらい普及しているかどうかが鍵となる。
因みに、MAMORIO搭載アプリのスマホを持ってビール祭りに参加したら
他人のタグを5つ発見できた。
まあ、気休めだけどないようりはましかも知れない。

感想

アマゾンのレビューに電池の持ちが悪いことについて書かれているのが気になる。
と言うのもこのタグ電池が交換できないので基本的に使い捨てだからだ。
一応、救済措置といして半年以上経過したら半額の2000円以下で購入できる。
購入してまだ1ヶ月もたっていないので電池の持ちについてもその後の経過を書いていこうと思う。

 - 雑記