【感想】14歳とイラストレーター 2

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

14歳とイラストレーター 2

   

あらすじ

主人公の書いているラノベの小説家マリィと乃ノ香の3人で
長崎旅行へ向かう話

感想

小説が書けないとか大騒ぎするマリィも良い意味でキャラが濃い。
しかし、相変わらず気になるのは乃ノ香は中学生の割には日常が一切出てこないし
中学生が旅行で言い訳をしているわりには親がお礼の電話をかけたとかの描写がないとか
ご都合主義が気になる。
なぜ、ヒロインを中学生にしたのか?
今のところその意味があんまり見いだせない。
今回はナスときゅうりが風呂入っている最中に好意を指摘されるところで今後どうなっていくのかが気になるところ。
評価
☆☆☆/5

 - 本感想