ホームシアターに最適な設置方法はこれがおすすめ! - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

ホームシアターに最適な設置方法はこれがおすすめ!

   

ホームシアター
自宅に居ながらにして映画気分が味わえるホームシアターを構築したいと言うニーズは結構あると思うそこで
価格と満足度の妥協当点を探りながらどれが1番ベストか考えてみる。

ディスプレイ

映像を映し出すための画面だが当然大画面のほうが良いにきまっているが
プロジェクター、テレビ、PS VRとそれぞれメリットとデメリットがある。
・プロジェクター
プロジェクターは一昔前だと高いイメージがあるが今は安価のものが沢山でている。
安いものなら10万以下でポータブルなプロジェクターがあるがそう言うものは当然
プレゼン資料を映す用なので解像度がとても低いので動画向きではない。
ましてや、4Kが写せるプロジェクターなんて高値の花だ。
私個人としてはプロジェクターはおすすめではないがHD画像まで写せればOKであれば
そんなに高くない。
・テレビ
家庭に1台はある液晶テレビは4Kでも安価ものが沢山登場している。
最近だとある程度割り切って4Kが写せればOKな人はおすすめなドンキテレビなんかは
6万円代で登場している。
・PS VR
ゲームのイメージが大きいがソニーはPS VR以前からゴーグル型で映画館並の迫力で見れる。
ただ、最初からPS4を持ってる人は5万程度の投資で映画館並の環境が1人だけ楽しめられば言い人にはゲットできるが
PS4とか持ってないひ人ドンキ4Kテレビより投資額が必要になってくる。
あとは、複数人で当然楽しめない。

音響設備

ホームシアターの醍醐味と言えば臨場感溢れる5.1chサラウンド。
お手軽パターンからお高いパターンまで幅広く存在する。
・サウンドバーの設置
テレビの前にサウンドバーを置いて擬似的に5.1chサラウンドが味わえる。
テレビの前に置くだけなのでかなり手軽に楽しめる。
お値段は安いものなら3万から存在する。
メリットとしては家狭くてスピーカーを置けない人でも気軽に楽しめる。
ただ、安物だとサラウンド感はそれなりになってしまう。
デメリットとしてはDolby Atmosとなんかの新しい規格が登場するたびに書い直しが必要になってくる。
・ホームシアターセット
スピーカーからそのスピーカーを制御するユニットもすべて1つのパッケージになって提供してくれるセット。
3万程度で購入でる。
私も最初に購入したスピーカーはこのホームシアターセットだった。
個別に買うより圧倒的に安くって良かったのだが光デジタルケーブルから音も映像もHDMI1本になる時代になったし
音のフォーマットも増えたしもうちょっと良い音でも聞きたくなったと言う理由で買い換えることにした。
デメリットとしては個別に購入した場合と違ってパーツごとにバージョンアップできないので
何か気にいらない点が発生してもまるごと買い換える必要がある。
・AVアンプとスピカーをばらで購入する。
今現在私の環境はこの個別にパーツを購入すると言うものだ。
これの良い点は手持ちのものを生かしながらバージョンアップしていける点である。
たとえば、もう少しフロントスピカーを良いものにして音楽も聞きたいとか新しい音声フォーマットが登場したので
買い換えようと考えたとき手持ちのスピカーはそのまま活かせる。
デメリットはどうしてもバラバラで購入する分高くなってしまう。
私も特別高価なものは購入していないのだがAVアンプ、センタースピカー、フロントスピカー2本、サブウーハー、リアスピーカー2本
を購入したら10万程度かかった。

まとめ

テレビの音をほんのすこしでも向上させたレベルだったらサウンドバーの購入で良い。
サウンドバーだけでも劇的向上するからだ。
ただ、本格的にスピカーを5本設置できる人は安価でAVアンプとスピカーのセットにしたほうが良い。
最初からセットになっているものはすぐに不満がでてくる。
実際に私はそうだった。
と言うわけで、サウンドバーa or AVアンプとスピカーのバラバラがベストだ

 - 雑記