【感想】恋と嘘(6)

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

恋と嘘(6)

   

あらすじ

家族ぐるみでネジとともに温泉に行ったり
担当官である人の過去の政府通知が来たときのエピソードなどの話

感想

そう言えば、この本テレビアニメ化が決まったんだけっけ?
相変わらず、モヤモヤとした三角関係が素晴らしい。
と言うか、政府通知とか関係なく二人のために身を引くために決意したが
明らかに気になっているところで終了。
政府通知の制度が微妙によくわかっていないところで担当官の過去話がある。
それによると公務員は政府通知を蹴るとその後の公務員人生に影響がでるらしい。
まあ、そうなったら仮面夫婦みたいなものが増えるに決まっている
この流れを読んでいくと世間体的にも政府通通知どうりで良いのではないかと思えてきた。

 - 本感想