【感想】ストライク・ザ・ブラッド17 折れた聖槍

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

ストライク・ザ・ブラッド17 折れた聖槍

   

あらすじ

雪霞狼が折れてしまい古城の監視を外れてしまう話

感想

てっきり普通に本編だと思ったていたらお祭り騒ぎの番外編のような体裁になっていた。
このシリーズも17冊もでているせいかそろそろ昔登場したキャラクターが誰なのか思い出せない場合がある。
今回はなんと言っても古城と雪菜の子供が未来からやってきて助けると言う点。
何故、未来からやってくる必要があるのか?と言ったところは一切明らかになってないので
これはきっとお祭り騒ぎの番外編的な扱いなんだろうなと理解した。
エピローグで異母兄弟として浅葱の娘が登場してるところを見るとやっぱりハーレムエンドに突き進むのか。
意味深に「元気だった頃」的な発言を見ると未来では古城は死んでないものの何かしらの問題を
抱えているんじゃないかと言う気がした。
評価
☆☆☆☆/5

 - 本感想