【感想】けやき広場春のビール祭り2017 - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

【感想】けやき広場春のビール祭り2017

   

さいたまスーパーアリーナーでお馴染みのけやき広場で行われる日本最大級のビール祭典。
秋の部は過去2回ほど参加していたのだけど春の部の参加は初めて。
その感想としては、春の部は屋外のせいか正直秋の部と比べて過酷だった・・・・。
現地は11時開始で11時30分ぐらいに到着。
土曜日で天気は快晴のせいかもうこの時間だとレジャーシートすら引けない状態だった。
そもそも、感じたのは屋内と違ってレジャーシートが引ける場所が少ない。
そのせいで足の踏み場もないぐらいカオスな状況となっていた。
あと、快晴の下ビールを飲むと言う需要が高いせいなのか明らかに秋の部より来場者数が多い。
レジャーシートも敷けないのでどうしようかと思ってうろうろしていたらちょうど
空いたのでそこにシートをひいておいた。
とりあえず、食べ物を調達しておこうと思って買出しに行って戻ってきたら誰かに
零されたのかレジャーシートの半分が濡れていた。
ビールを零されたっぽいのかアルコール臭するし100均なのでレジャーシートは捨てて帰ろうと思った。
全体的に暑いし、屋内と比べてレジャーシート敷ける場所せまいし
フードやドリンクも並んでるし秋と比べたらかなり過酷な感じ。
そんな感じなので楽しさがとにかく半減した。
回りを見渡すと子連れも結構いるが秋の部は子供向けの催しものがあったから言いが
春の部はなにもないので正直つれてこられた子供はかなり退屈だと思う。
とりあえず、去年の反省を生かして冊子は買わないで置いた。
お試し4つで1000円のビールと焼きそばとてっちゃん焼きを
購入して2500円ほど。
屋外なのでビールにほこりが入りそうなのが非常に気になる。

まとめ

春の部は秋と比べて過酷で楽しさが半減する。
もうちょとスムーズにレジャーシートーを敷けるように整備して欲しい。
屋外なのでほこりが気になるのに秋の部よりスタンド席すら圧倒的に少ない。
衛生面からも環境整備に努めて欲しい。

 - 雑記