【感想】空飛ぶ広報室

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

空飛ぶ広報室

   

あらすじ

ブルーインパルスにのるはずだったのに交通事故により広報室に勤務することになった人の話

感想

作者おなじみの自衛隊シリーズ。
今回の舞台は広報室が舞台。
広報室ながらテレビ局とかの駆け引きや自衛隊ゆえに簡単に許可できないあたりとか
策略がなかなかおもしろかった。
因みに、ドラマは一切見てなくて原作を読んだけどなんとなく映像化したものも見たくなってきた。
最後に短編としてあの東日本大震災をテーマにした小説が記載されれている。
あえて、発売日を遅らせて載せた珠玉の1本なので是非とも読んで欲しい。
評価
☆☆☆/5

 - 本感想