【感想】やがて恋するヴィヴィ・レイン 2

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

やがて恋するヴィヴィ・レイン 2

   

あらすじ

軍隊を辞めてヴィヴィ・レインを探す旅にでることになったルカはかつて文字を教えてくれたジェミニと再会する話

感想

第1巻の時点で災厄の魔王とされているルカだったけどこの序盤を読む限りなにが災厄の魔王となるぐらい
になっていくのかいまいちわからなかったけど今回ジェミニの策略によって反乱軍のリーダーにされてしまう。
第2巻のラストでの王女とのともすれば永遠とも思える別れとかとにかく壮大な物語の幕開けを予感させてくれて
今からワクワクしてくる。
どう考えても戦力差がありすぎるところでこの先どうやって王国と戦っていくのかとか今から楽しみ。
評価
☆☆☆☆☆/5

 - 本感想