恵比寿の白いカレーうどんは気づくと汁まで完食 - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

恵比寿の白いカレーうどんは気づくと汁まで完食

   

初代のカレーうどん
恵比寿にある白いカレーうどんで有名な初代に行ってきた。
平日の夜に一人でサクッと行ってきたので予約せずに入れた。
だけど、平日だと言うのにしばらくすると席がどんどん埋まっていくところを見ると金曜日なんかは確実に予約したほうが良いかも。
さて、カウンター席の前にはお蕎麦を打っている姿が拝める。
メニューを見るとカレーうどん以外にもいろいろとあるのでとりあえず野菜の天ぷら盛り合わせを注文。
天ぷらには6種類の塩が用意されていて食べ比べが楽しめる。
初代の野菜天ぷら
天ぷらの味はそんなにインパクトがないスタンダードな味だけど普通に美味しい。
肝心の白いカレーうどんはじゃがいもをと生クリームがのっているので白いらしい。
白いクリームの下にはカレーうどんが隠れている。
うどんの出汁自体はお蕎麦屋らしくて和風出汁がすごくきいている。
それでいて、上にのっているじゃがいもと生クリームがコラボすることによってマイルドになって辛さとかまったくなくてとてもクリーミィになっている。
具はこの白いクリームと細かい牛すじ肉が入っているだけの非常にシンプルな作り。
うーん、見た目のインパクトだけしかもしかしてないんじゃないとか思ってズルズルと食べ進めていた気づくと
汁まで完食していた。
癖がなくて気づいたら食べているなんて恐ろしい子なんだろう。
生中と天ぷらとカレーうどんでしめて3000円でお釣りがくる。
そばとかうどん以外もメニューがいろいろと楽しめてお通しが0円であることを考えるとお安く楽しめるあたりが人気の秘訣が。
次はお蕎麦も食べてみたいと思った。

 - 雑記