【感想】ロクでなし魔術講師と禁忌教典2

ルルドルフ春眠日記

一人暮らしによる一人暮らしのためのブログ

ロクでなし魔術講師と禁忌教典2

   

あらすじ

正式に魔術学校の講師を引き受けることにしたグレンは
ギャンブルにより給料をすってしまい金欠状態。
そこでに、魔術競技祭で優勝すれば特別ボーナスが出ることを知り張り切る話

感想

なんとなくアニメの第1話を見て面白そうさなと思って思わず原作を購入してしまった。
第2巻も1巻の雰囲気そのまま普段はぐうたらだがいざとなったらキリッとなると言う風味で話が
進んでいくようだ。
成績上位者だけが競技に出場して一部の人のためのお祭りになっている
祭典が勘違いとは言え全員出場して優勝を目指すと言う過程がなかんか面白かった。
いかにして勝利をするのか。
それでいてまたもや第1巻で暗躍した敵が再び廃棄王女を狙って襲撃しその襲撃を撃退する
条件と当初の予定であった優勝一致するあたりとかなかなか練られていると思った。
とりあえず、敵は撃退してメインヒロインっぽい好感度も上がって次回も楽しみ。
評価
☆☆☆☆/5

 - 本感想