【感想】水樹奈々 LIVE ZIPANGU 2017 IN SAITAMA 1日目

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

水樹奈々 LIVE ZIPANGU 2017 IN SAITAMA 1日目

   

水樹奈々 LIVE ZIPANGU 2017 IN SAITAMA 1日目
久々の冬のツアーで今回は関東は代々木2daysとさいたまスーパーアリーナ2daysと非常に参加
し易いライブ日程。
今回はさいたまスーパーアリーナ1日目で今回行ってきた。
座席はなんと言っても8年間FCに加入してきたなかでほぼ最前列と言う素晴らしい位置取り。
場所的にもアニサマなんかを入れたらかなりさいたまスーパーアリーナには来たけどこんな近くに座ったことはない。
能楽堂をイメージしたZIPANGUのテーマにふさわしいセット。
近くで見てやっぱり水樹奈々のライブセットってめちゃくちゃお金がかかってる。
今回は蓮の花から登場して「WILD EYES」を披露。
衣装が初っ端から今までにないテイストで着物風になっていてかっこいい。
「ETERNAL BLAZE」がかなり序盤で歌われたのでけっこうびっくり。
なんかもう、この曲を聞くと勝手に体が動く状態。
そして、最後の爆発でめちゃくちゃびっくりしてしまった。
甲子園のときは雨はひどいし甲子園の座席は座り心地最悪だしで「STAND UP!」
いまいちだったけどこうやって落ち着いて生で聞くと歌詞とかぐっとくる応援歌で結構いいかも。
企画コーナーでは楽器1つだけをバックに歌うと言うコーナー。
今回はバイオリン1本をバックに「stories」を歌う。
当たり前だけどバイオリンのミスがダイレクトに伝わる。
プロなのでそんなこともないけれど。
あと、歌唱力がないとこのシンプルな構成と言うのは薄っぺらくなってしまう。
そこをまったく問題ない勢いで歌い上げていく姿は流石だ。
ここ最近すっかり恒例となっている豪華な特別なゲストが出演する幕間ムービは鶴の恩返しのようなストーリー構成で
ナレーションと御所様の声が鳥海浩輔だった。
酉年であることをかけてのこと。
ムービー後のこれまた恒例の乗り物は2.7トンの翼を背負って歌うと言う見た瞬間小林幸子かと思ったのは私だけではないはず。
MCにて3月に行われたキングTrinityライブについても触れていたけど「STARTING NOW!」を歌われていて嬉しかったとのこと。
堀江由衣with林原めぐみwith水樹奈々でTrinityライブやりたいとか言ってたけどそこは堀江由衣with田村ゆかりwith水樹奈々
ではないあたりに闇を感じた。
まあ、本当にそんなTrinityライブ行われたらライブチケットが瞬殺される。
アンコール曲の中でも今回のアルバムのリード曲にもなっている「絶対的幸福論」。
PVを見た時から生で聞きたいなと個人的にも、すごく楽しみにしていた曲。
この曲は30代も後半に差し掛かっている今だからこそ歌える等身大な曲だなと思わせてくれる。
「幸せににしてあげたい」と言う歌詞が本当に心に染みる。
しんみりとした流れでMCでも触れられていたが折しもこの日は3月11日。
東北の震災があった日と言うことでNHKで応援歌となっていた「花は咲く」をソロバージョンで歌う。
因みに、日曜日はスペシャルゲストでやまちゃんが来ていたらしい。
ラストは「STARTING NOW!」で締め。
この曲は弾け具合と言いコールと言いすごく楽しい曲。

まとめ

実は、ここ最近ライブとかもマンネリだなと思っていた。
でも、直近のアルバムが久々にヒットした曲「絶対的幸福論」と出会えたせいなのか、
そこはは分からないけどやっぱり水樹奈々ライブは完成度が高くて歌唱力、パフォーマンス力が抜きんでているなと本当に再認識できた。
全部で約3時間半ほどの公演だったけど史上もっとも最前列に大興奮しすぎて次の日足腰が筋肉痛になってしまった。

セットリスト

1.WILD EYES
2.はつ恋
3.純潔パラドックス
4.BRACELET
5.Tears' Night
6.ETERNAL BLAZE
7.STAND UP!
8.Clutch!!
9.stories
10.ALONE ARROWS
11.エデン
12.Please Download
13.Lovely Fruit
14.SUPER GENERATION
15.TWIST & TIGER
16.ヒメムラサキ
17.悦楽カメリア
18.ミュステリオン
19.SCARLET KNIGHT
20.UNLIMITED BEAT
21.めぐり逢うすべてに
22.RODEO COWGIRL
23.Young Alive!
24.絶対的幸福論
25.花は咲く
26.STARTING NOW!

 - 音楽