ハードコンタクトレンズの進化がすごい - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

一人暮らしによる一人暮らしのためのブログ

ハードコンタクトレンズの進化がすごい

   

ハードコンタクトは使い捨てのソフトコンタクトのように使い捨てではないので
明確な使用期限と言うものは決まっていない。
ただ、年数がたってくるとタンパク質の付着や傷なんかで濁ってくる。
そうなるともう寿命だと言われている。
個人的にはもう1つある。
と言うのも、昔と違って今のハードコンタクトは恐ろしい勢いで新製品が登場している。
この間2年ぶりにハードコンタクトを新しく購入しに行ったら今愛用しているものが廃盤になって
新製品に切り替えていると言われた。
新しいものに切り替えたら恐ろしいほど付け心地が向上してきた。
一般的に、使い捨てソフトコンタクトを愛用している人が多いが
乱視がひどかったり、目のカーブが特殊だったりすると本当の意味でぴったりとソフトだと合わなかったりする。
私の場合も長い間ソフトを愛用していたがどうしても目カーブが合わなくて眼球上でコンタクトがクルクル回って
ちゃんと見えなくて気持ち悪かった。
2年前からハードに切り替えたら眼球上でクルクル回ることがなくなった。
ただ、フィット感がいまいちと言うか固いゆえに固い異物が目の玉に入ってると言う感じはあった。
2年ぶりに新しく新調したらすごい。
固いのはハードの宿命だからしょうがないにしても異物感がほとんどなく目のフィット感が恐ろしく向上している。
ソフトだと眼球全体を覆ってるからどうしても乾いてる感じとかあったけどハードは乾いてる感じが少ない。
それでいてここまで着け心地が向上してるとなると無理してソフト付ける理由はないなーと言う感じ。
ただし、付け心地が向上している=空気を通しやすくしてることもあり寿命が年々縮んでいるらしい。
だから、2年で新しく買い替えたけど今から考えると結構寿命だったかもしれない。
あと、私もどうしてもサボってしまいがちだけどこすり洗いは必須。
洗浄液の他に頑固な汚れ用のハード専用の洗浄液があるぐらい。
寿命のことを考えるとサボらずにこすり洗いもやらないと言う感じ。

 - 雑記