【感想】「Chikirinの日記」の育て方

ルルドルフ春眠日記

一人暮らしによる一人暮らしのためのブログ

「Chikirinの日記」の育て方

   

あらすじ

大人気Blogサイトのを始めた切っ掛けから今現在に至るまでの経緯についての話

感想

実は、ちきりん氏自体Blogも名前もまったく知らなかった。
以前書いた書籍をたまたま読んでそれがきっかけでBlogの存在を知った。
冒頭でも書いているとうり本書は大人気Blogの作り方やノウハウを詰め込んだ書籍ではない。
どちらかと言うと大人気Blogの舞台裏と言う感じ。
恐らく、このとうりに他の人が真似たBlogを開設したところで大人気Blogにもならない。
ちきりんならではだからこのスタイルを貫き通せたのだと思う。
ちきりんの日記自体マネタイズしてやろうとかそう言う野心を抱いているわではなく
あくまで、紙に書いている日記をせっかくなのでwebで公開してみるかと言う感じである。
事実、数年間はまったく見にくる人もなくほそぼそとやっていた。
それでも、10人ぐらいの固定読者はいたようだ。
それが、はてなブックマークを切っ掛けとしてブレイクした。
Blogも、出版されている書籍も読んで思ったけどキュレーションメディアじゃなくて
個人Blogの場合は本当に正解なんてないなと感じた。
このちきりんの日記と言うBlogもこの方の今までの人生で歩んできたバックボーンが
あるからこその内容だ。
と言うかそもそもMBA取得に元マッキンゼーで正直全然凡人でもなんでもないと言う点。

 - 本感想