【感想】Re:ゼロから始める異世界生活 11

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

Re:ゼロから始める異世界生活 11

   

あらすじ

腸狩りに殺されて再度死に戻りをしたスバルは聖域を再び脱出する話

感想

今回も盛大なグロ祭りで殺されまくるスバル。
魔女教団の謎も少しづつ明らかになってきた感はある。
ただ、ヒロイン成分はかなり薄い。
エミリアは何も登場しないに等しいし、レムはずっと眠り姫状態。
その分今までただのマスコットキャラ化していたベアトリスに重大な疑惑が浮上して
秘密は次回に持ち越し状態。
でも、1番の見どころは7つの大罪の魔女たちが登場したシーン。
全員頭のネジがぶっ飛んでいるキャラばかり。
実は強欲の魔女が1番まともだったと言う事実が判明。
どう考えても詰んでそうな状況でどうやって打破するのか次巻が楽しみ。
因みに、作者によると結構web版とは話の筋が違うらしいので
今度web版も読んでみよう。
評価
☆☆☆☆☆/5

 - 本感想