【感想】マージナル・オペレーション

ルルドルフ春眠日記

一人暮らしによる一人暮らしのためのブログ

マージナル・オペレーション

   

あらすじ

ニート7年の末に就職した会社が倒産して民間軍事会社に就職する話

感想

ガンパレード・マーチを手掛けた作者が贈る軍事ラノベ。
現実とゲームの区別もなくひたすらゲームシュミレーションのように民間軍事キャンプで
テストと言う名の戦争に参加してしまう主人公。
殺してしまうことへの葛藤とかちゃんとあるあたりが近年のラノベにして珍しく感じる。
そして、子供が戦場へと駆り出される現実や容赦なくヒロインはレイプされたりと
ハードだがそれにめげることなく主人公の成長物語としても楽しめる。
第1巻で結構すっきり終わってるけど次巻は日本編へとつづくらしい。
評価
☆☆☆/5

 - 本感想