【感想】俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 12

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 12

   

あらすじ

姫がコスプレの写真を機にすっかり人気者になった。
それに便乗しweb版パチレモンを売り出したい真涼が暗躍する話

感想

ラノベのハーレムエンドって大体主人公とヒロインが納得してそれで完結。
って感じのオチが多い中ハーレムエンドを貫くその代償を真正面から
描いてるこのシリーズは割りと好感が持てる。
今巻は今までよくも悪くも日陰っぽいキャラである姫の成長物語としても感じさせてくれる。
そして、いよいよ他校からも自分の学校からも石をぶつけれそうなぐらいアンチっぷりになっている
主人公が殴られても何をされてもハーレムを貫きとおす。
それでいて恋愛アンチに対する矛盾なんかも露呈してこの先どう決着がつくのか。
そしてカオルがハーレムに入れて欲しいとついに告げる。
そんな感じで次巻も楽しみ。
評価
☆☆☆☆/5

 - 本感想