【感想】ゲーマーズ!6 ぼっちゲーマーと告白チェインコンボ

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

ゲーマーズ!6 ぼっちゲーマーと告白チェインコンボ

      2017/03/21

あらすじ

遊園地のアトラクションでどう見ても景太と亜久里がキスしているようにしか
見えない事件を起こしそれぞれ弁明する話

感想

ついにテレビアニメ化も決まって声優陣が誰になるのか気になる今日この頃。
あの遊園地事件からの引きでモヤモヤしていたところ
むしろ、景太と天道は絆が深まった感がある。
毎回、毎回勘違いからのドタバタしていたけれど
誕生日で格ゲーで勝利するために必死でハメ技を練習したりとニヤニヤさせてくれる。
そんな中でラストでよやくモノの正体を必死で隠してきた千明が
星空の下黙ったまま蚊帳の外にいることに耐えられなくなりついに真実を言ってしまう。
ついでにその勢いでついに景太に千秋が告白することで終了。
今回も引きがすごかったけど今までの傾向と今巻の
2人の絆の強化具合を考えると星空の下で告白したところで予想としては
・普通に「ありがとう」と言うだけでスルー
みたいな流れにしかなりなイメージしかないがとりあえず、次巻を楽しみにする。
評価
☆☆☆/5

合わせて読みたい記事

ゲーマーズ!7 ゲーマーズと口づけデッドエンド
ゲーマーズ! (5) ゲーマーズと全滅ゲームオーバー
ゲーマーズ! (4) 亜玖璃と無自覚クリティカ

 - 本感想