【感想】29とJK2 ~大人はモテてもヒマがない~

ルルドルフ春眠日記

一人暮らしによる一人暮らしのためのブログ

29とJK2 ~大人はモテてもヒマがない~

   

あらすじ

六本木への出世の椅子を蹴っ八王子でコーチとして日々勤しんでいた主人公は
八王子のセンター長が新しく赴任し顧客情報を売りさばいている犯人探しを始める話

感想

第1巻でJKをあくまで社長命令だから仕方がなく相手をしていた感があったけど
小説家への頑張りにあてられて主人公も若い頃に夢を諦めたことに対する気持ちとか
ものすごくよくでている。
一応、この小説ってヒロインはJKと職場の後輩と幼馴染と言うことになっているけれど
驚くほどにあっさりとJKと付き合うことを決意する巻だった。
まあ、主人公の年齢が社会人で29歳と言うこともありどこかのハーレムラブコメの
ごとく曖昧でふわっとさせたままにはならなかった。
でも、今巻で主人公が望む最大限の出世もしたしヒロインもあっさりとJKを受け入れてしまったし
巻数短めでで終了してしまうのだろうか?
評価
☆☆☆☆/5

 - 本感想