【感想】ラブライブ! サンシャイン!! Blu-ray 2

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

ラブライブ! サンシャイン!! Blu-ray 2

      2016/11/12

第2巻からは通常価格だけどきっとライブ優先券のおかげここまでは爆売れなのだろう。

第2話

ひたすら、音ノ木坂学院からの転校生をメンバーに誘う回。
しつこすぎて逆に清々しい。
珍しく挿入歌が流れないのが逆に新鮮。
そして、ED曲は全員で歌うのではなく3人で歌うバージョン。

第3話

初代と結構話がかぶりそうな初ライブ回。
ラブライブへの想いを歌詞にすると言うことで思わず「ダイスキだったらダイジョウブ」の
歌詞を見返してしまった。
そもそも、ラブライブの歌詞は基本的には恋だ愛だとかじゃなくて夢に向かって頑張る系の
応援ソングが多い。
が、都心と違って全校生徒が集まっても体育館いっぱいにはならないと言う事実。
ライブがいきなりガラガラからスタートしたからまるっきり初代と同じかと思いや
田舎ならではなの暖かさでもって体育館満杯でスタート。

映像特典

今回はてくてくAquasと言う沼津で聖地巡礼ツアーを学年ごとにメンバーが交代して紹介していく
コーナーらしい。
水族館といい、和菓子屋といい、モデルになった旅館といい、沼津が町おこしのためにも
ラブライブを全力でアピールしてるのがよくわかる。
こう言う頑張りで田舎が潤うと良いな。
みかん味のどら焼きは普通に美味しいそうに見える。
聖地巡礼した人はあのどら焼き購入していきそう。
水族館とか思っている以上にセカンド・シングルのPVに忠実に再現していた。
しかし、第1巻の映像特典のときも薄々思ったけどこう言う実写系映像特典は
本当に出演者の人が好きじゃないとかなりつまらない。

 - アニメ感想