東京で1番近い無人島猿島に行ってきた - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

一人暮らしによる一人暮らしのためのブログ

東京で1番近い無人島猿島に行ってきた

   

dsc_00091
都内からもっとも近い無人島「猿島」に行ってきた。
仮面ライダーに登場するショッカーの秘密基地や天空の城ラピュタにそっくりと
言われてすっかり観光のメッカとなってしまっている。
猿島
加えて、船乗り場の近くにある三笠記念公園が艦コレの影響でファンが押し寄せている。
そんなわけで土日に訪れたけど猿島への船乗り場は大盛況で臨時便がでているほどだった。
料金船の往復代金と猿島上陸料金で1500円。
猿島
BBQや夏は海水浴、釣りなんかを楽しんでいる人が結構いる。
と言うより、これらのアクティビティ目的じゃないと小さな島なのであっとう言う間に暇になる。
さっそく上陸をしたらここはコミケか?と思うぐらいコスプレする人がいる。
まあ、確かに風景はラピュタとか言われてるだけあってファンタジーな感じはするけれど。
この島は戦時中日本の防衛基地になっていたせいで今でもあっちこっちと銃弾の跡や砲台なんかが
そのまま残っている。
猿島
散策するのにはもってこいだ。
島はゆっくりと回っても1時間もあれば終了する。
ちなみに、BBQをやる場合はBBQセットの持ち込みはNGなので必ずレンタルすること。
食材は港の近くにあるポートマーケットと言う市場のようなところで業界類や肉など購入可能。
帰りにみてまわった感じだと野菜や肉は何も安くないけれど魚介類だけどは結構安かった。
過度な期待をしなければ風景としては見ごたえがあるので1度は行ってみるのはおすすめ。
dsc_00121

 - 雑記