恋は雨上がりのように 6 - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

一人暮らしによる一人暮らしのためのブログ

恋は雨上がりのように 6

   

あらすじ

アキレス腱切断と言う怪我で陸上競技から去ったあきらは
走る姿にあこがれて、しかもあきらと同じアキレス腱切断と言う怪我をしても
リハビリをし懸命走る後輩に悩むあきらの話

感想

相変わらず、ストーリーに劇的な進展などないが空気感がすごく良い。
しかし、ずっとあきらが陸上を辞めたのは普通にもう走ることができない
からだと思っていたけど実はリハビリをすれば走れたのか。
今はアルバイトと言う夢中になることがあるからもう陸上に戻らないというのは
わかったけど一番最初は何故あきらは陸上を辞めることにしたのかそのあたりは謎のままだ。
次回以降もあきらの陸上復帰を巡る話が続きそうな予感。

 - 本感想