大人から子供まで長時間楽しめておすすめ国立科学博物館 - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

大人から子供まで長時間楽しめておすすめ国立科学博物館

      2016/09/17

国立科学博物館1

前回お台場のhttp://rurudorufu.com/2016/05/22/kagakumiraikan/が大変面白かったから
比較と言う意味でも上野にある国立科学博物館に行ってみたくなった。
大まかに地球館と日本館と360度シアターの3つに分かれている。
館内はものすごく広くて圧倒的な展示量なので3時間半以上はかかった。
これは常設展だけだから特別展示もいれると4時間以上はかかる。

恐竜の化石と本物の植物が大集合

地球館は主に地球が誕生してからの過程を展示してる。
国立科学博物館2
なんと中は本物の亜熱帯の植物や乾燥地帯の植物が展示してある。
ものすごくダイナミックだ。
その後、地球が誕生してからどのような動物がいたのかと言うコーナーに差し掛かる。
よく、恐竜博覧会とかやっているけど国立科学博物館はかなりの数の化石が常時展示してあった。
国立科学博物館3
国立科学博物館3
動物の剥製もかなりの数で展示してあった。
これがかなり圧倒的で広い展示室におびただしい数の剥製が並べてあった。
dsc_01911
ちゃんと上からも見れるように階段もある。
見ていて1番すごかったので人間のミイラが展示されていた点。
流石に、死体なので写真は禁止だったがもともとは屍蝋だったのが発掘の過程でミイラ化したらしい。

科学っぽいところもある

科学館の地下は科学館っぽくて科学実験の過程が展示されてあって小さいお子さんは退屈だったのかバンバン展示品のハンドルとか回しまくってたw
ここは大人でも科学に興味がないと結構退屈だった。
国立科学博物館4
上の階層にある科学と技術の歩みコーナーは本物の飛行機が展示されたあった。
でも、1番興味深かったのは日本で初めて新幹線の予約システムが展示されてあった。
dsc_01891
巨大な電卓とかあってここはかなり面白かった。

360度シアターは迫力満点

ドーム型になっている360度シアターでは恐竜や人類が移動していく姿などの映像が迫力満点で見れる。
だが、ここは注意が必要。
ここまでスイスイと快適に楽しめたけどここだけは土日だと約20分から30分ほど並ぶ必要がある。
私が行った時はタイミングがよかったのか15分ほど並んで入場できた。
かなり迫力満点で正直上映時間が10分じゃなかったら酔っていたところだった。
浮遊感と映像が迫ってくる感じが若干気持ち悪い。

日本館は重要文化財

日本館の建物はかなりレトロな建物だと思ったら重要文化財だった。
dsc_01921
日本館は主に日本で見れる植物や動物、鉱物が展示されている。
なんとあの有名な南極に置き去りにされたタロウとジロウの犬種の剥製やハチ公と同じ犬種の剥製が展示されていた。
国立科学博物館6
なんだか思っている以上に大きくてすごく意外だった。

まとめ

盛りだくさんで見応えいっぱいで入場料620円でとってもお得だった。
特別展は真田丸の時に学んだけど興味がかなりあるとかじゃないと行かなくて良いかと思う。
お台場の日本科学未来館も思ったけどやっぱり東京都内にある博物館とかってかなりクオリティ高くて
展示場も広くて地方なんて比べ物にならないぐらい見応がある。
東京に観光に来るのならこう言う科学館とかに行っても損はない。

〒110-8718
東京都台東区上野公園7-20
開館時間:9:00〜17:00
金曜日、土曜日は20時まで営業
一般・大学生 620円/小中高校生 無料
http://www.kahaku.go.jp/index.php

 - 雑記