一生独身の場合の住まいについて考えてみた

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

老後に一括して住宅購入するべきメリットとデメリット

   

家をいつ購入するのかと言うことを考える上で最初は中古マンションを購入しようと真剣に
セミナーに行ってみたり、オープンハウス見てみたりしたけど
結論、今は買うべきできはないと言う結論に至った。
理由:今家を買うとどう考えても都心部マンションじゃないと通勤が辛くなる。

ただ、やはり都心は高額だしましてや今住んでいる賃貸より狭いマンションとか絶対買いたくない。
そうすると金利が安いとはいえ35年ローンはかなり厳しい。
だからと行って一生賃貸と言うのも老後に住居費用がずっと乗り続けるのも厳しい。
そこで、間を取って老後一括購入が安全面で言うと良いのではないかと最近思い始めてきた。
メリットとデメリットを考えてみる。

メリット

現金一括払いなのでローンを組まなくて良い。
負債を背負わないので1回支払っておけばあとは気楽に住める。
人生の前半部分での、購入後のリスクに備えられる。

転勤で購入しても住めなくなる、ローンが支払えなくなるなど変動の激しい
前半部分はリスクが一切なくなる。
無理に都心に住まなくてよくなる。

そもそも、割安で住むことに適した街は日本国内沢山ある。
でも、人生の前半はどうしても職場を中心に家を選ぶしかない。
とは言え、もう都心は東京五輪に向けて右肩上がりで上昇する。
もう、一般的人が気軽に購入できるような価格ではなくなったしこれからも上昇していく可能性が高い。

デメリット

人生の前半は賃貸で住んで老後で住宅を購入するために貯金をする必要がある。
自宅を購入した人はうまく資産価値のある物件を購入できた場合普通に住んで
ローンを返済するだけで普通に資産となる。

でも、老後一括購入組は物件を購入しない変わりに何かしらの資産運用をする
ことを計画していく必要がある。

まとめ

不動産を購入すると言うことは投資だしたとえば、3000万で購入して10年住んで
その時2700万とかで売れたら単純計算で1ヶ月25000円とかで住める。
そう言うメリットは確実にある。

ただ、自宅を購入して3年後にローンが支払えなくなるとか途中で大幅に資産価値が下落するとか
天災に見舞われるとかそう言うことを35年のローンを背負って過ごすこととそうでないことの
リスクは桁違いに違う。

そう考えると結論賃貸に住んでその分分散して資産運用に勤しんで老後に一括して家を買うと言う結論しかない。

 - 考察