都内でも少数の外反母趾外来「東京中央メディカルクリニック」に行ってきた。 - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

一人暮らしによる一人暮らしのためのブログ

都内でも少数の外反母趾外来「東京中央メディカルクリニック」に行ってきた。

   

内反小趾が悪化してきた

数年前から、内反小趾(外反母趾と逆に小指が曲がる)が顕著になってきて先の細い靴とか履けなくなかった。
それが最近悪化してきて裸足でも長時間立ち仕事をしてると小指が痛くなってきた。
流石に、これはまずいと思って調べて見たら外反母趾外来なるものがあるあることを知った。

東京中央メディカルクリニック

家から通いやすそうと言う観点で銀座駅から徒歩5分のところにある東京中央メディカルクリニックに行ってきた。
東京中央メディカルクリニックの外反母趾外来とは?

最近は日帰り手術が流行っていますから、すごく簡単に考えているのだと思います。
しかし考えなくてはいけないのは手術後です。 手術後は、骨を削っていますから親指が極端に短くなります。
上から見た形はまっすぐで良くなったように感じられますが、身体を支えているのは親指ですから、 親指が短くなればその機能は失われることになります。
多くの方の外反母趾になる原因は、歩き方や指の関節周囲の機能が低下していることがほとんどであるため、手術をしても外反母趾が再発してしまうこともあるのです。
外反母趾は手術なんて必要ないのです。
手術をするのであれば、その前にやることがあるはずです。
東京中央メディカルクリニックより

基本的に、外科手術で安易に骨を切って治すのではなく歩行練習によって治すと言うのが基本方針。
行って見てもらってやっぱり歩き方が正しくない。と言われてしまった。
足の指をギュッと握れなくなっていた。
足のアーチが崩れてペタペタ歩きになっていたのだった。
と言うわけで、ゆがんでる小指を丁寧に伸ばされた。
その後、早速正しく歩くための練習をする。
足先が右に向いているので全体的に小指に体重が乗ってしまっている点を指摘される。
正しい歩き方は足先がまっすぐになるように歩く。

そうすることによって正しく体重がのるようになるそうだ。
と言うことで正しい歩き方の練習後テーピングをして曲がった小指を固定して終了。
当然、手術と違って1発ではなおらないので根気よく続けていくしかない。
来週も予約をとって病院を後にした。

まとめ

外反母趾、内反小趾はやっぱり放置していると悪化すると言うことを身を持って体験した。
ちょっとでも、違和感を感じたときは放置せずに正しい歩き方を身につけるように心がけたほうが良い。

 - 雑記